バックリンクの正しい選び方について考えてみました。

バックリンクたくさん集めてSEO対策は古いというのが最近のSEO業界の潮流です。ホワイトハットSEOやコンテンツマーケティングという言葉が跋扈し、株式会社イノーバのような新興勢力がSEO業界を席巻する日もそう遠くはないのかもしれません。

しかしSEOの本質はそれが正しいのでしょうか?もちろん中古ドメインを活用した形での被リンクとなるサテライトを構築するようなSEOはGoogleのアルゴリズムを掻い潜るだけでコストパフォーマンスは極めて低いということについてはペナルティのリスクを考えると納得です。

しかし全てのバックリンクが悪という捉え方は間違っています。もちろんSEO業者が構築しているリンク群はゴミやクズと罵られても仕方がないものばかりというのは誰も否定できません。逆に高品質なリンクを提供しているSEO業者を知っていたら教えて欲しいくらいです。

SEOに強いと言われている某長崎の業者も著作期限切れの小説をリンク媒体のコンテンツに利用していたり、コピーアンドペーストでかき集めてきている詐欺師が乱立しているランサーズなどでブログコンテンツ用の記事を募集し、それを利用していたりと品質が極めて低いと言わざるを得ないコンテンツをSEOとして販売しています。

他社のことはどうでもいいのですが、SEOがどんどん制限されていることを肩身が狭く感じることが多いのは非常に不愉快です。SEOをやっていますというだけで詐欺師扱いされた日は泣きたくなります。どれだけ高品質なものを納品しても業界の体質は悪しき習慣しかないので仕方ありません。

今年もカニの季節が到来しましたよ!

急に寒くなって季節の変わり目で大変な日が続きますが、ブログの読者の皆様、体調を崩されないようにご自愛ください。

さて、こんな寒い季節にはやっぱり鍋ですよね!個人的には牡蠣をたくさん入れた鍋が大好きですが、キ
ムチ鍋も暖まるので大好きです。スーパーでも鍋食材が充実してきていて本当に今年も冬になったんだなーと痛感します。

そんなこんなでアノ季節が今年もやってきました!そうです、冬の味覚を代表するズワイガニ(松葉ガニ)の
おいしい季節です。我が家ではお正月に「カニ」というのが鉄板なのですが、2014年のカニ漁は11月6日(木)に一斉に解禁されたので日本海で今年のカニ初漁を終えた漁船が大量のカニを水揚げをしたとトップニュースで報道されています。

漁船の船長にインタビューした結果によると、今年のかに漁としては例年に比べて良好とのことです。またこの解禁にあわせて、とれたてのカニに舌鼓を打てるという食い初めイベントが11月9日(金)に石川県で開催されるそうです。

これは期待できますね!ともあれ、石川まで行けないっていう貴方には自宅で舌鼓を打てる環境を整えましょう。まずは本格的なオンシーズンに備えてYahoo!でかに通販と検索をしてみましょう。たくさんのカニ通販のサイトが出てきますが比較サイトで比較してオトクなカニを探しましょう。もちろん訳ありカニを探してみるのも悪くないです。

エコの時代、賢くリサイクルしてお得な節約生活を過ごしましょう。

地球環境を守っていこうというエコな時代です。そんなこんなでリサイクルショップ業界も流行っていて、色んな中古生活用品をメインで扱っている会社が上場しています。一番規模が大きいのは中古本を扱うブックオフで、古本を中心にした業態が多く上場しています。そのほかにもブランド品中心のコメ兵も目立ちます。最近は様々なものを買い取ってくれます。

もちろんオーディオ 買取もOKです。ただし注意が必要です。書籍など広く流通しているものというより、やはり音響機器は専門性というか趣味性が高いので、全国チェーンですと、高価買い取りはあまり期待できません。もちろん0円というようなことはありませんが、ビンテージだとしても出回っている中古市場価格よりは高い買取を期待することは難しいことも残念ながら少なくありません。

でも、大事に愛用してきたビンテージ音響機器は少しでも高く買い取ってもらいたい...。そんな時はやっぱり、音響機器専門の業者を推奨します。賢くリサイクルして、新しい音響機器を買うもよし、貯金して備えるもよし、貴方ならどんなお得な節約生活をすごしますか?

自動車保険で節約対策を行なう方法を考えました。

消費税が8%になって今後10%を超える消費税になる可能性が濃厚になってきている現在日本。デフレの脱却で給料アップに繋がるとアベノミクスは強調しますが、それが国民全体に行き渡るまでにはまだまだ時間が掛かりそうなので、まずは庶民としてはお金を上手くやりくりしてこの難局を乗り切るしかありません。

まず節約できることといえば保険料と通信費です。もちろんこれ以外の費用の節約も重要ではありますが、この2項目はたぶん一般的なFPであれば同じことを言うでしょう。それだけ節約の鉄板中の鉄板といえる項目です。自動車保険 比較をまずは試してみましょう。

保険といえば生命保険はネット生保という激安のものがたくさんありますが、それと違って保険内容が同じだと自動車保険は思われがちです。でも本当にそうでしょうか?自動車保険は一年更新ですから面倒臭いと
思われるかもしれませんが、自分の走行距離などライフスタイルの変化や年齢に応じて大きく変わってくることもありますので、この機会にぜひ一度比較しましょう。節約できる可能性が大です。

外反母趾を解消するには地道な活動で解決することが大事です。

外反母趾と聞くと手術しなければならないような重度の病という印象があるかもしれません。しかし実際には手術しなければならないのはごく稀な事例だと専門医の方は発言されています。自己診断で安易に考えるのはよくありませんができるだけのことをやっておくことは問題はないと思われます。まずは歩き方から見直しましょう。

外反母趾の原因と聞くと一般的にはヒールやパンプスなどの足をきつく圧迫する靴を長時間履いていることに起因しているというイメージがあると思います。実際に私もそういうイメージがあり、そういう風に思っていました。しかし、最近は小中学生の子供にも外反母趾が激増しているという現象があります。この原因は、ヒールやパンプスなどの靴の問題ではなく、足の筋肉の問題だそうです。未発達な足の状態で、足に合わない靴を履くと足のバランスが悪く外反母趾になってしまう事例が多いそうです。

ちなみに裸足で生活している人には外反母趾が殆どないようなので現代病といえるかもしれません。

免疫療法とひとことでいっても、実はたくさんの種類があります。

がんの治療には三大治療とよばれる治療が現在広く行われています。その3つとは手術療法、化学療法、放射線療法がこれに該当します。この三大治療に加えて新たな治療方法として注目されているのが免疫療法です。

免疫療法とは人に備わっている免疫機能をがん撲滅という目的の方向に導く治療法です。免疫療法とひとくくりにされていますが、その種類は様々なものがあります。細胞免疫療法、ワクチン療法、サイトカイン療法、BRM療法、抗体療法、遺伝子治療というものがあると独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターのがん情報のサービスというサイトに掲載されています。

様々な研究が進んでおり、大学病院を中心として先進医療として実施されているものも多く、期待の治療方法という認識で間違いないでしょう。また研究が進み、治験が開始されているものも少なくありません。三大治療と比較して体への負担が大きくないものもありますので今後も免疫療法の動向から目が離せません。

webクローラを活用することが重要です。

webクローラは非常に便利なツールです。インターネット上には様々な情報が散在しています。それらの中から有益な情報を集めるのは個人では非常に労力が要りますし、大変です。またクラウドソーシングを使って情報収集することも可能ですが、それなりにコストはかかりますし、また人が目視して集めるようなデーターになりますので精度について信頼度が高いとは断言できません。それと比較してwebクローラであれば自動的に目的とするデーターを取得してきてくれるので、とても便利です。

ちなみにクローラの定義はWikipediaの定義によるとweb上の文書や画像などを定期的に取得して自動的にデータベース化するプログラムのことを指すようでボットやスパイダーなどとも呼ばれることもあります。

web上のデーターを収集するという側面ではwebクローラではなくクローラで事足りうるのではないかと思いますが、SEOなどの検索エンジンが開発しているクローラーとの混同を避けるために敢えてwebと頭文字に付けているのではないかと思いました。

ともあれwebクローラを活用することが重要です。

インプラントと医療費控除のこと

インプラントも治療を行なった場合、少なくない金額が必要となりますが医療費控除の対象とすることができます。これは治療費の負担を極力軽減するためにも確定申告で忘れずに医療費控除の申請を行なうことをおすすめします。もちろん治療費の全額が控除されるわけではありません。また一部治療に関しては例外もあるそうですが、通院のために利用した公共交通機関の交通費なども控除の対象となりますのでこれはぜひ有効活用したいものです。

ちなみに医療費控除を受けるには1年間に支払った医療費の合計が10万円以上というような条件があります。インプラント治療自体は半年から1年くらいは治療期間がかかるといわれているので、できれば年始から治療を始めた方がいいかもしれません。

もちろん医療費控除のことばかり考えた治療ではなく、インプラントの目的を見失ってはいけません。激安のインプラントもありますが、それでも医療費自体は10万円を下る場合は基本的にはないと考えていいでしょう。

SEO対策は本当に必要だといえますか?

SEO対策といえば、やはり真っ先に被リンクのことを思い浮かべる人が多いでしょう。SEOについて一家言がある人々の中でも意見が割れるのが被リンクです。自作自演の被リンクの有無やナチュラルリンクの獲得方法などいろいろな情報がネットの世界には飽和しています。そんな中そもそもSEO対策の必要性を疑ってみる必要な時期にあるのかもしれません。

例えば飲食店を例の考えてみましょう。お店のホームページがなくてもグルメ関連のサイトはぐるなびや食べログがありますし、そちらにクーポンなどを配置して集客することもできます。またフリーペーパーと連動したホットペッパーグルメもあります。これらのwebサイトはSEOも強いため、各サイトへの集客力もそれなりにあります。またネットではなくリアルでチラシ配りなどのプロモーション手段もあるといえるでしょう。そんな中でお店をSEOで上位化させる必要性があるのでしょうか?

正解は必要性があるといえます。厳しい業界で生き残るのはただ今まである集客戦略に甘んじるのではなく独自の戦略を持ったSEO対策こそが今必要となってきているのです。

ファンドのことについて調べてみました

2013年はアベノミクスで株式市場が活性化して、景気回復という雰囲気になってきたこともあり、個人的にファン ド設立に興味が沸いたので調べてみました。

まずファンド設立の前にそもそものファンドについて調べてみました。ファンドとは投資家から資金 を出資してもらうことで運用するためのお金を沢山集めて、その資金を元手にして様々な手法を通じて、その出資 を受けた資金を運用することによって利益を生み出し、その利益を投資家に分配するものです。

まとまった資金を 運用することで運用に成功しなかった場合のリスクは少なくないのですが、逆にレバレッジを効かせることができ るため、大規模な投資事業に取り組めることが大きなメリットになります。

なお、大きなお金が絡むので金融商品 取引法などの法律によって、ファンド組成のためには厳しい規制があるようです。そのため出資する側の投資家の 視点でもデメリットもあるものの法的な制限もあるということを視野に入れるとプロによる資金運用によって効率 的に資産形成を行うことが大きなメリットになります。